HOME > 制作シーン2
head_imghead_img

お問い合わせをお待ちしております
TEL. 03-3987-5751
受付時間 月金17:00~ 火水14:00~
 木土10:30~ 日13:00~

制作シーン

ワンピース(ツートンカラー)の出来るまで

各サムネイルをクリックすると拡大

01.jpg

製図、型紙作り。

02.jpg

出来上がった型紙で、表布の裁断。
仮縫いで出来上がり線が
変わることがあるので、
縫い代は多めにしておく。

03.jpg

躾糸2本取りで印をつける。

04.jpg

上下2枚の布の間をあけて、
躾糸を切る(切躾)。

05.jpg

躾糸1本取り、手縫いで組み立てる。

06.jpg

仮縫い、フィッティング。
体に合わせて、ピン打ちをして、
良いシルエットを作る。
デザイン的には、袖口、裾をヨークと同じ、
別布で、切り替えを入れる。

07.jpg

修正
(1)袖付けライン、
アームホール(AH)を変更。
袖幅が広いので狭くする
(2)後身頃のダーツの分量を多くする
(3)胸回りをやや小さくする
ゆとりをいれつつも
体のシルエットを強調する。

08.jpg

ピンで直した部分を見ながら、型紙を直す。

09.jpg

後身頃のダーツを直す。

10.jpg

修正、変更した部分に、印、
切躾を赤糸でやり直す。

11.jpg

見返しも、別布で裁断し、芯を貼る。

12.jpg

縫い代にロックミシンをかける。

13.jpg

袖山をいせるため、縫い目4㎜のミシンを
2本ずらして、かける。

14.jpg

2本ミシンをかけ、
糸は引けるように長くしておく。

15.jpg

胸ダーツをまち針で合わせる。

16.jpg

胸ダーツにミシンをかける。
縫い目2㎜、縫い始め、
縫い代部分で1㎝返し縫い、
先端で返し縫い。

17.jpg

胸、前身頃、後身頃の
ダーツを縫い終わったら、
アイロンで片倒しする。

18.jpg

袖口の切替線を縫い合わせる。

19.jpg

前後それぞれの肩ヨークと
身頃を縫い合わせたら、
縫代を上に倒してアイロンをかける。

20.jpg

後ろあきのコンシールファスナー付け。
つけ位置に補強のため、
薄手接着テープ
(接着芯をカットしたもの)を貼る。

21.jpg

出来上り線に、躾糸で縫い合せ
(又は、粗い縫い目のミシンをかける)
アイロンで軽く縫い代を割る。
その上にコンシールファスナーを据え、
ファスナーと縫い代を躾糸で縫い止める。

22.jpg

片押えアタッチメントを使用して、
ミシンをかける。

23.jpg

ファスナー付け上り。

24.jpg

両肩、両脇をミシンで縫い合わす。

25.jpg

見返し両肩縫い合せる。
裾の別布両脇縫い合せる。

26.jpg

袖の両脇を縫い合せ、アイロンで割り、
袖口を折り返し、まつり縫いで仕上る。

27.jpg

袖は作り上げておく。

28.jpg

袖山の縫い代にかけたミシン糸2本を引き、
いせて、
形をを整えてから、
身頃のアームホールにピンでとめて、
躾をして、ミシンで縫い合せる。

29.jpg

表側ワンピースの出来上り。

30.jpg

裏布の裁断。

31.jpg

裏布のダーツ、脇、後中心ミシンをかける。

32.jpg

見返しと裏布を縫い合せ、
各部分縫い代は2枚一緒に
ロックミシンで始末。
裾は3つ折りにしてミシンをかける。

33.jpg

表側と裏側見返しの首廻りネックラインを
中表にしてミシンで縫い合せる。

34.jpg

縫い代は始末して、
角は切り込みを入れて返す。
ファスナーで裏側後あき部分をまつる。
裏布でバイヤステープにして表布、
裏布縫い代を一緒にくるむ。

35.jpg

両脇、裾の方の縫い代部分で
表布と裏布をループでとめる。

36.jpg

出来上がり


お問い合わせはコチラへ!

icon 電話番号03-3987-5751
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。


ページトップに戻る